『第7回大門玉手箱』 準備中

第6回大門玉手箱が終わって1ヶ月後、すぐに第7回大門玉手箱が
開催されます。
準備期間が短いので、出展するのを迷いましたが、羊の本棚として
の活動を 定着させたいので頑張って続けて参加することにしました。

さて第7回でのテーマですが
『散歩とお茶と雑貨の古本』となります。


前回、コーヒー関連の本も出品したのですが、結構好評でしたので、
(お隣が香豆舎さんということもあって珈琲と珈琲の本の相性がよかった。)
今回は、自分も興味があり収集している『日本茶』の本を選んでみました。

そして柱となる本は
『おいしいお茶がのみたい 波多野公介  PHP社』
『東京てくてくすたこら散歩 伊藤まさこ 文藝春秋社』
『風景のあとに カレンダーのくれたもの 椿野恵里子 アノニマ・スタジオ』
の3冊です。
b0214841_23215985.jpg

この3冊を中心に関連付けし広げていきます。
散歩の本では
『東京下町おもかげ散歩 坂崎重盛 グラフ社』
『マーケット日和 つるやももこ アノニマ・スタジオ』
『みちくさ 菊池亜希子 小学館』
などなど
お茶の本では
『自遊人 日本茶  ㈱自遊人』
『茶柱倶楽部 青木幸子 芳文社』
『ぐるぐるマップ 静岡茶本舗 静岡新聞社』
などなど
雑貨の本では
『雑貨のしごと 西川敦子 アスペクト』
『和雑貨と暮らしてみる 河浦のどか ギャップ・ジャパン』
『捨てない主義で「布」生活 八田尚子 自然食通信社』
などです。

今回も文庫、新書、単行本、大型単行本、漫画といろいろ選んでみました。
やはり何度かセレクトし直したため、最終決定するまで時間がかかりました。
(最近は『古きよき日本』的な本をさがしたり、買う事が多くなってきています。)

ちょっと不安をかかえながら67冊の本をもって
第7回大門玉手箱へ出発です!!
[PR]
by konirohitsuji | 2011-04-18 23:51 | 大門玉手箱