紺色羊の古本散歩


by konirohitsuji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:映画+ドラマetc( 5 )

b0214841_23192593.jpg
手のひらのほくろのはなし、、、

手のひらにあるほくろをつかめたら幸せになる、、、

でも大人になってつかめなくなった、、、

悲しみの中にある彼女に、、、

自分の手に、もう片方の手をあわせてごらん、、、

そうすればちゃんとつかめるでしょう、、、

大丈夫、、、

あせっちゃダメだよ、、、

でもそれじゃズル、、、

いいんだよ、、、

幸せにも抜け道があるんだよ、、、


ちょっと泣けた、、、
[PR]
by konirohitsuji | 2012-09-05 23:20 | 映画+ドラマetc
すごく気になっていたのに見逃すことが多かった『深夜食堂』、、、

MBSでの放送では「第18話-冷やし中華」の時しか見れなくて

第1話から見とけばよかったと後悔していました。

たまたまTSUTAYAに行くことがあって、、、さがしてみたらありました。

『深夜食堂 第2部シリーズ』

第1部から見たかったのですが、、、さがしても見当たらなかったので、、、

とりあえず「第11話~第14話」までをかりました。


新宿・花園界隈の路地裏に、
マスター1人で切り盛りする小さなめしやがある。
深夜0時から朝の7時頃までの営業で、のれんには単に
「めしや」と書かれているが、常連客からは「深夜食堂」と呼ばれている。
メニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎しかないが、
マスターができるものなら言えば何でも作ってくれる。
深夜しか営業していないこの店を舞台に、マスターと客たちとの交流を描く。

原作:安倍夜郎(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)

(実は原作は読んでないんですよ、、、あまりこの絵が好きでない、、、)

『深夜食堂の勝手口・堀井憲一郎』というレシピ集は羊の本棚であつかった

こともあります。

オープニングからの小林薫の語りがいいんですね。

1987年のNHKのドラマ 『イキのいい奴』で寿司屋の親方がはまり役で

ちょっと今回はタイプが違いますが、やっぱり良く似合っている、、、

ドラマ全体にただよう雰囲気がなんともいえず、、、いい感じです、、、

好きだなぁ~この感じ、、、

音楽もいいし、、、

特に福原希己江さんの詩が、、、声がいい、、、

CD欲しくなりました、、、


ドラマは最近いいのがないので見ることがすっかりへりましたが、、、

こんなドラマもつくれるんですよね。。。

機会がありましたら是非!!
b0214841_0101229.jpg

[PR]
by konirohitsuji | 2012-09-03 23:40 | 映画+ドラマetc
もうひとつ映画の紹介です。

2002年10月公開された作品(これも羊はDVDにて、、、)

『 tokyo.sora 』 です。

監督は、CFディレクターとして活躍し、本作で本編デビューを飾った石川寛。

東京で暮らす6人の女の子たちのそれぞれの日常を、時に淡々とポエティックに描く。
6人の人生は各々一瞬だけ交差するが、また別の方向へ流れて行く。
6人の女の子の人生を劇中で演じるのは孫正華、本上まなみ、仲村綾乃、高木郁乃、板谷由夏、井川遥。


(あらすじ。。。)

美大で絵のモデルをしている台湾からの留学生。
彼女は、コインランドリーで顏を合わせる日本人男性に秘かな想いを抱いているが、まだ日本語でそれを伝えることが出来ない。
彼女の住むアパートの隣室には、売れないモデルが暮らしている。
ティッシュ配りのバイトをしながら、オーディションを受け続ける彼女の楽しみは、
部屋でヴィデオを観ることだけだ。
ある日、台湾の留学生が日本語学校の授業料を払う為、初めてヌードモデルを経験した。
そんな彼女のふくよかな胸の曲線をじっと見つめるひとりの美大生。
彼女は、交際を始めた彼氏によく見られたくて胸にパットを入れるようになるが、
体を許すことが出来なくなってしまう。
はやらない喫茶店のウェイトレス。
彼女は毎日、マスターとのとりとめのない話を重ねている。
小説家を目指しながら、ランジェリーパブで働くヨーコ。
美容師見習いの同僚・ユキをモデルに書いた小説が編集者・道原の目に留まり、小さなチャンスを掴んだ彼女は、以来、創作に精を出す。
そんなある日、彼女の小説に道原が加筆したものが出版されることになった。
だがそれは、彼女のものではなくなっていた。
複雑な想いを胸に、ヨーコは初めてユキに声をかける。
ふたりは意気投合し、何かを振り切るように東京の街を走るが、
数日後、ヨーコにユキの訃報が届く。
相変わらず売れないモデル。
隣室から留学生の咳き込む声を聞いた彼女は、
ティッシュを持って彼女の部屋のドアを叩いた……。


なんでしょうか、、、

全体的に、、、暗いんです、、、

息がつまるというか、、、本編はあまり好きな話ではないんです。

ではどこに惹かれたのかといいますと、、、

話と話を繋ぐように差し込まれた「カフェ」のシーンが好きなんです。

客のこない喫茶店のやとわれマスター(長塚圭史)とウェイトレス(高木郁乃)

のとりとめない会話、、、

何度か差し込まれるこの2人の会話のシーンがこの映画の救いのようで、、、

なんか好きなんですね。

特に高木郁乃さんがすごく好きになりました。

その時は全く知らなかったのですが、Jungle Smileという音楽ユニットの

ボーカルでした。(今はソロで活動中のようです。)

映画より高木郁乃さんの印象が残ったので、Jungle SmileのCDを

レンタルしてよく車の中で聴いてました。

特に『翔べ!イカロス』がよかったかな、、、

ソロになってからの曲もいいですよ、、、なんか胸にきます。

映画評ではなくなりましたが、、、よろしければ是非!!
b0214841_1342193.jpg

[PR]
by konirohitsuji | 2012-09-02 23:40 | 映画+ドラマetc
大門玉手箱に出箱していて楽しいのは、お客様との

会話もそうなのですが、出箱者仲間との近況報告や

趣味の話やなんやかんやの話が楽しいのですね。

今回が初出箱の男性の方と野比さん、そして羊、、、

3人でちょっと話すことができました。

そこで出た話題のひとつに好きな映画のこと、、、

おすすめの映画は?といった話、、、

羊のおすすめした映画のひとつは、、、(ちょっとマニアック?)

『観察 永遠に君をみつめて』です。

2007年11月に公開された日本映画です。(羊は残念ながらDVDにて、、、)

主演は緒川たまき・小沢和義、、、(あの小沢仁志さんの弟さんです)

邦画にはかかせない光石研さんも出演、、、


男は、女を「見続けた」
女は、男に「見せ続けた」
これは、40年に及ぶ「愛の奇跡」

ひとかけらの濁りもない、純愛。
彼の生き甲斐は、彼女を見つめ続ける事。そして彼女は・・・。

(ものがたり)
少年の茂樹は10歳の頃、自分の部屋を初めてもらう。
その部屋の窓から外を眺めると、丘の上の大きな家の窓に少女が見えた。
茂樹はその少女・弥生に恋をした。
天体望遠鏡を買ってもらって、茂樹は弥生を見続けた。
毎日毎日。
だがしばらくして、茂樹は引越すことになる。
自分の事を知らない弥生にラブレターを投函して、茂樹は街を離れた。
大人になった茂樹は、ガソリンスタンドで働きながら、相変わらず弥生を見続けていた。
誰も傷つける事はなく、自分も傷つかないように、茂樹は静かに暮らしていた。
弥生に恋人が出来て結婚し、自分も妻子を持ってもなお、茂樹は弥生を遠くから愛し続ける。
40年後のある日、ダンボールに入った荷物が届く。
その中には、弥生が書いた数百冊のノートが入っていた・・・。

( チラシ&公式サイト抜粋 )

なんといいますか、、、

純粋にひとりの女性を思い続ける、、、

ひとりの一途なストーカーの話、、、となってしまいますが、、、

でもただのストーカーとは違うところ、、、

彼はけっして彼女に接触を試みない、、、(あと少しというところも我慢、、、)

彼女に迷惑をかけることはけっしてしないのです、、、

ただただ純粋に彼女をそっと見つめていたいという思いだけ、、、

そして彼女も見られていることを知っていて、、、

その距離感を心地よく感じている、、、

40年間、じっと一人の女を見続ける男と、じっと見せ続ける女。


緒川たまきさんのあの雰囲気があってこそ、、、

成立する映画かもしれませんが、、、

この設定でよく1本映画がとれたもんだと感心します。

ちょっとかわった映画ですが、、、

機会があれば、、、是非、、、
b0214841_1271213.jpg

[PR]
by konirohitsuji | 2012-09-01 23:40 | 映画+ドラマetc
全国ロードーショーは時間があわず見逃してしまった映画です。

主演:原田知世・大泉洋 「しあわせのパン」

映画を観ることができなかったので先にポプラ文庫から販売された

小説「しあわせのパン」三島有紀子を手に入れ読んでいました。

昨日の大門玉手箱でこの本を販売したのですが、買っていただいた

香月さんにDVDレンタルがはじまっていることを教えていただき、さっそく

近くのTSUTAYAに借りにいきました!!

土曜日の夜からもう何回観たでしょう、、、

いいなぁ~

月浦の四季の景色のすばらしさ、、、

おいしそうなパンと野菜、、、

あたたかい珈琲、、、

原田知世の透明感あふれる横顔、、、

大泉洋のちょっと抑え気味の演技、、、

中村嘉葎雄・渡辺美佐子のベテラン俳優のさすがの演技、、、

いいなぁ~

いい映画でした。

夫婦揃って楽しみました。
b0214841_2325941.jpg












 
[PR]
by konirohitsuji | 2012-07-29 23:22 | 映画+ドラマetc